We use cookies to improve your experience on our website. By continuing to browse this website you are agreeing to our use of cookies. Find out more by reading Cookies OK

BOOK YOUR STAY
Please fill out the booking from below


デザインノート:サミット

たくさんのブランド企業のイベント会場と施設とは異なる、インターコンチネンタル・ダナン・サン・ペニンシュラのサミットは、「伝説がラグジュアリーと出会う」場所として、リゾートの他の部分と同じ、大胆なイマジネーション溢れるデザインを使っています。建築家であるビル・ベンスリーは、ベトナムの寺院のようなアシンメトリーな屋根の下、たくさんのグローバルなインスピレーションを1つにしています。

リゾート地の最高の場所にある「サミット」はリゾートのシグナチャである黒白のスキームを特徴とし、空から海のパノラマの眺めを提供します。しかし、カラフルなシャルトリューズグリーンのポップさは(ホイアンのランタン、バチャンの伝統的な工芸品の村を由来とするセラミック)、訪問者を歓迎します。建築物の真ちゅうの中心にあるものは、ホステスが着用する9メートルの高さであるかぶり笠であり、その周りには8つの巨大な金メッキのパイナップルがあります。(8は「裕福」という言葉と似ているため、8は数霊術 ではラッキーナンバーです)

どうしてパイナップルなのでしょうか?パイナップルはホスピタリティのシンボルとして、長い歴史があります。クリストファー・コロンバスは、トロピカルフルーツに最初に出会ったヨーロッパ人です。そして、パイナップルは旧世界で最も贅沢であり、人気があり入手困難なものとなりました。数年後、ニューイングランドの船長がカリブ海から戻り、近所に安全に戻ったことを知らせるために、自宅の外のフェエンスにパイナップルを突き刺しました。パイナップルは友達を招待するための招待状でした。彼の友達は、船長のエキゾチックな食物と飲み物を食べて飲み、彼の冒険の話を聞きました。長い間、植民地の宿屋は彼らの象徴に、このホスピタリティのシンボルを加えました。初期のアメリカ人建築家は、お気に入りのデザインのモチーフとして、木彫り、接合したモルタル、そして鋳物にパイナップル組み込みました。

ボールルームから一階下に向かうと、ギザギザのパイナップルの皮の輪郭に似せた3次元の黒白の壁に突き当たります。また、鮮やかな黄色のスキームと16世紀のエッチングシリーズにインスパイアされた絵画を見つけることでしょう。

このすべてが、サミットから同じメッセージをお届けします: ようこそ!